つくり・うたい・ひろめ・つなぎあう 四つの活動を!
日本音楽協議会(日音協)
「安保3文書」の閣議決定に抗議する!憲法理念の実現を!
行事日程表
2月24日ウクライナに平和を!2.24青山集会&デモ
3月20日3.20さようなら原発全国集会

日音協セミナー2024を開催しました(2月13日更新)
 日音協は2月10日から12日まで、相模原市緑区の藤野芸術の家で日音協セミナー2024を開催しました。講師を除き事務局を含めて15人が参加しました。ほかに、見学1人と参加者の子ども2人。
 日音協セミナー2024は、うた&演奏コース(ボイストレーナーに小笠原もずくさん)とステージスタッフコース(講師は日下昇さん)の2コースで行われ、前者に9人、後者に6人が参加しました。詳細は日音協機関紙『音楽運動』3月1日号に掲載します。

【歌を創るということ】第4弾谷森駿さん(12月8日更新)
 【歌を創るということ】第4弾は、この間、日音協と深く関わっていただいているプロミュージシャンの谷森駿さんにお話を伺いました。創作する方もしない方も、是非ご視聴を!目からウロコのようなお話ばかりです!こちらから動画の再生リストで視聴できます。
 また、谷森さんはこのインタビューののち、「song for Gaza 抗議行動用BGM」を作成され、ご自身も行動に参加して歌っておられます。音源は、【歌を創るということ】第4弾〜谷森駿さんに聞く〜再生リストにUPしています。各地での行動で歌い広めてゆきましょう。

日音協第60回定期総会を開催(12月8日更新)
 日音協は11月25日、東京都豊島区での対面とzoomミーティングによるリモートを併用して第60回定期総会を開催しました。幹事・監査の出席も含めれば14すべての支部から23人(うち1人傍聴)が出席しました。活動経過報告、決算報告、監査報告を承認し、議案第1号日音協2024年度活動方針(案)と議案第2号日音協2024年度諸会計予算(案)を提案通り決定しました。最後に、松本敏之会長(茨城県支部)、佐藤康弘副会長(青森県支部)、坂口美日副会長(東京都支部)、金田光弘事務局長(茨城県支部)など役員を選出して、定期総会を終えました。
 総会終了後、引き続き第55回はたらくものの音楽祭第1回中央実行委員会を開催し、音楽祭企画書などについて議論しました。

第13回労大まなぶ全国交流会の動画を公開(10月30日更新)
 日音協のインターネット音楽会2023をYouTubeの"Nichionkyou Music"チャンネル上に立ち上げ、順次動画を追加公開しています。こちらから動画の再生リストで視聴できます。2023年10月13日、富山市ボルファートとやまで開催された第13回労大まなぶ全国交流会における日音協富山県支部オープニング演奏を公開します。
  1. 日本音楽協議会東北北ブロック合宿コンサート 内容はこちら
  2. 神田香織講談『はだしのゲン』オープニング演奏 内容はこちら
  3. リモートミュージックミーティング【ローカル線】 動画に飛ぶ
  4. 2023日音協セミナー「つくる」ワークショップ成果発表  動画に飛ぶ
  5. 2023日音協セミナー「うたう」ワークショップ成果発表  動画に飛ぶ
  6. 平和のスタンディング 松本敏之 宇都宮市2023年10月21日  動画に飛ぶ
  7. 第13回労大まなぶ全国交流会 日音協富山県支部オープニング演奏  動画に飛ぶ

日音協ソング2023推薦曲決定(10月24日更新)
 日音協はみずからを表現する運動の重要な柱である創作を推進するために、日音協ソング2023を4月から6月まで募集し、14曲の応募がありました。8月19日、20日、8人の選考委員が議論した結果、3曲を全国に広めたいうた=推薦曲として決めました。楽譜は機関紙『音楽運動』に順次掲載します。
日音協ソング2023推薦曲(あいうえお順)
ネットを活用した音楽会(YouTube再生リスト)(12月8日更新)
 日音協のインターネットを活用した音楽会(YouTubeの再生リスト)は2023年12月8日現在、次のとおりです。
日音協のインターネット音楽会2023
第54回はたらくものの音楽祭
第53回はたらくものの音楽祭
日音協のインターネット音楽会2022
日音協のインターネット音楽会2021
東京電力福島原発事故から10年/私たちは忘れない!そして歌い続ける!
日音協のインターネット音楽会2020
インターネット新しいうたの会(日音協ソング2020)
はたらくもののインターネット音楽祭2020

日本音楽協議会(日音協)
 日本音楽協議会(日音協)は、はたらくものの音楽サークルの全国ネットワークです。
 日音協の運動は、みずからを表現する運動です。
 じぶんの目で生活を、労働を、たたかいを見つめながらじぶんの言葉で表現し、労働者の現実をいきいきと描こうとするものです。
 日音協の活動は、つくり・うたい・ひろめ・つなぎあう、四つの活動です。
 メーデーや労働者の集会、手作りのコンサートでうたうこと、歌集・CDづくりなど、日音協はうたを創り、演奏し、普及しています。
 その結果として全国の音楽サークルが結び合い、また日音協の地域支部が生まれてきました。
 日音協の活動の中でうまれたうたは、 日音協の財産であり、日本のはたらくものの共有財産です。
 日音協は、労働組合を生みの親として生まれました。ですから、連合をはじめとした労働組合と強く結びつき、労働組合の支援を受けていることは、日音協の特徴です。
 しかし今日では、音楽活動家が個人として会員となり、日音協を構成しています。
 職場に労働組合がない人、個人事業者、学生、年金生活者も、たくさん会員になっています。
 日音協には14の地域支部があります。北海道支部、青森県支部、秋田県支部、岩手県支部、福島県支部、茨城県支部、千葉県支部、東京都支部、新潟県支部、長野県支部、富山県支部、香川県支部、九州支部、沖縄県支部です。
 日音協会員や会員の所属するサークルは、支部を単位として日常活動をしています。
 全国の日音協の会員は、はたらくものの音楽祭(年1回)、機関紙『音楽運動』(月刊)と県を超えた広域のブロック合宿(年1回)などで結び合っています。
 あなたも日音協の会員になりませんか。

Links