本文へスキップ

つくり・うたい・ひろめ・つなぎあう 四つの活動を!

行事日程表
8月1日(土)から日音協のインターネット音楽会2020(仮称)12月31日まで
8月31日(月)まで日音協ソング2020の募集
9月22日(火)ネット音楽会「フィンランディア」(希望の歌)動画締切
10月ごろからインターネット新しいうたの会
11月14日(土)日音協第57回定期総会

日音協のインターネット音楽会2020(8月21日更新)
 詳細はこちらから
 はたらくもののインターネット音楽祭の続編として、サークルの演奏を動画で撮ったものを共有し、広めるための仕組みとして、日音協のインターネット音楽会2020を、別紙により立ち上げます。あわせて「フィンランディア」(希望の歌)(楽譜)の合唱に取り組みます。
 はたらくものの音楽祭が2020年に開催できないことになったことに代わるインターネットを活用した取り組みの第三弾、8月から12月までの取り組みと位置づけます。各支部、サークル等の積極的な応募をお願いいたします。
 支部・サークル・個人等の演奏等の動画は2020年12月31日(木)まで(締切りを待って動画を公開するのではなく、準備ができ次第順次公開していきます)、「フィンランディア」(希望の歌)インターネット大合唱は2020年9月22日(火)まで。

詳細はこちらから。

日音協ソング2020の募集とインターネット新しいうたの会の開催(8月23日更新)
詳細はこちらから。
 日音協は、「みずからを表現する運動」「つくり・うたい・ひろめ・つなぎあう、四つの活動」として、一貫して創作を重視し、創作活動を推進するために毎年日音協ソングの募集と選考、紹介をしてきました。とくに今年は、感染症が拡大し集会が中止/延期になり、ライヴハウスは休業、集まっての練習も困難な中、改めて創作に力をいれようと呼びかけます。日音協ソング2020は引き続き日音協幹事会の責任で、応募曲の中から入選など全国に広めたいうたを選考し推薦曲を決定して、11月の総会に発表することにします。8月31日を応募締切にしますので、新曲を積極的に応募されるようお願いします。
 また、この応募曲(動画)によってインターネット新しいうたの会を開催いたします。はたらくものの音楽祭が2020年に開催できないことになったことに代わるインターネットを活用した取り組みの第二弾と位置づけます。
 日音協各支部、各労組音協、各サークル、会員の積極的な応募を要請いたします。
詳細はこちらから。

日本音楽協議会(日音協)
 日本音楽協議会(日音協)は、はたらくものの音楽サークルの全国ネットワークです。
 日音協の運動は、みずからを表現する運動です。
 じぶんの目で生活を、労働を、たたかいを見つめながらじぶんの言葉で表現し、労働者の現実をいきいきと描こうとするものです。
 日音協の活動は、つくり・うたい・ひろめ・つなぎあう、四つの活動です。
 メーデーや労働者の集会、手作りのコンサートでうたうこと、歌集・CDづくりなど、日音協はうたを創り、演奏し、普及しています。
 その結果として全国の音楽サークルが結び合い、また日音協の地域支部が生まれてきました。
 日音協の活動の中でうまれたうたは、 日音協の財産であり、日本のはたらくものの共有財産です。
 日音協は、労働組合を生みの親として生まれました。ですから、連合をはじめとした労働組合と強く結びつき、労働組合の支援を受けていることは、日音協の特徴です。
 しかし今日では、音楽活動家が個人として会員となり、日音協を構成しています。
 職場に労働組合がない人、個人事業者、学生、年金生活者も、たくさん会員になっています。
 日音協には15の地域支部があります。北海道支部、青森県 支部、秋田県支部、岩手県支部、福島県支部、茨城県支部、千葉県支部、東京都支部、新潟県支部、長野県支部、富山県支部、香川県支部、九州支部、沖縄県支部です。
 このほか、全国規模の労働組合を単位とした支部もあります。
 日音協会員や会員の所属するサークルは、支部を単位として日常活動をしています。
 全国の日音協の会員は、はたらくものの音楽祭(年1回)、機関紙『音楽運動』(月刊)と県を超えた広域のブロック合宿(年1回)などで結び合っています。
 あなたも日音協の会員になりませんか。

LINKS

日本音楽協議会

スマートフォン版